思わず、「あっ、あぁ~~~ん」と声を漏らしてしまった瞬間。

それは、誰もいないキッチンでのことでした。

・・・あ、なんか期待しちゃった人、います?
いや、そういう話しじゃないです。
でも、「そういう話し」って、いったいどういうハナシ?

****

じつは、
フィルムの現像に失敗しちゃいましたぁ

あは、あは、あははははははははははは・・・・
はぁ。

現像液を入れる直前の現像タンクをポロリと落としてしまったのですぅ。
当然、タンクの蓋がパカッと開いて。

お先、真っ暗。
フィルム、真っ黒。
あわてて拾って、蓋したけど、手遅れだっつうの。

リハビリをかねて、不自由な足を引きずりつつ、
先週と今週の日曜日の二日に分けてようやく撮り終わったフィルムが。
全てパア。
であります。
てか、自分がパア。
であります。

予感はあったのです。
出かける前から、メンドクサイし、いつものDPE屋さんに現像出そうかな、とか。
ダークバックに手をつっこんでフィルムをリールに巻き終わった時も、
この蓋が開いちゃったら悲しいよな、とか。
流し台に広げた新聞紙が少し台からはみ出してたから、置くとき気をつけよ、とか。
思っていたわけです。

あぁ、神様は三度も警告してくれてたのね。
それなのに、油断をしてしまいました。
そんなわけで、
ポロリでパカッな瞬間に
思わず、「あっ、あぁ~~~ん」と声を漏らしちゃったのであります。

それでは、幻の名作(笑)をご覧ください。





b0112584_0534837.jpg
b0112584_054220.jpg
b0112584_0541983.jpg
このあたりは、現像のために巻いたリールの中心側。
多少の補正をしてあります。
白い帯状の写りこみが、なんだか心霊現象っぽいのであります。

b0112584_0545243.jpg
ここからは、リールの外側。
へぇ~、青くなっちゃうんだぁ、と妙な関心。
なんか、このままセピアっぽくしたら、「幕末古写真」風になったりして(笑)

b0112584_0543427.jpg
「念写しました」とか言ったら、信じてくれる?

****

てコトで、
夏休みに田舎の土蔵を整理していたら
古い大福帳にはさまっていた
ひいおじいちゃんが可愛がっていた猫のタマの写真
っぽい写真の出来上がり。

b0112584_055564.jpg

ところで、古い大福帳にはさまっていたのは、次のうちのどれか。
1.ひいおじいちゃん 2.猫のタマ 3.写真

****

う~ん、ヤケクソで品のない内容になってしまった。
これで、アクセス数が急上昇したら、笑える。

[PR]
by no_identity | 2008-08-04 01:23 | Nikon FM
<< 違う時間が流れる場所。 いのち。 >>