ご立腹なのです。

今回は、写真無しで、あえて実名入りで愚痴ります。
私が利用しているプロバイダは、DTIです。
今度、利用しているサービスが終了するので、別のコースに変えてねというメールで連絡が来ました。
変更までの猶予が3か月くらいしかないという、急なお話しなんですけど。

でね、その連絡が来てから、ネット利用の際に納得できないことが起きてるわけです。
どっかのサイトを見ようとすると、DTIの告知ページが強制的表示される。
毎回ではないですが、時々そういうことがある。

なぜ、そういうことが起こるのかDTIにメールで質問したら・・・。

まず、その旨はメールにも記載してある。
「電気通信事業法施行規則」において、将来廃止が見込まれるサービスについては、あらかじめ相当の期間を置いて、利用者に対して適切に周知しなければならないと定められている。
告知ページが表示されるのは、確実にユーザーがサービス廃止を知りうる手段として適切であると判断したからである。

告知ページを表示させないようにするには、インターネットの一時ファイルを削除する。
それでも、一定期間の後に表示されるので、それも回避したければDNSサーバーを特定のIPアドレスに固定に設定するように。

という回答でした。

こっちが見たいサイトにアクセスしているのに、強制的にDTIの告知ページを表示させるのは、はたして適切な判断なのか。
やってることは、サイトにウイルスを仕込んでいるのと同じくらい悪質だと思う。
それを表示させないようにするための作業をユーザーにやらせるのも、いかがなものかと思う。

という内容のメールを送り返しましたが、
「弊社といたしましては、確実な周知を前提とした施策でございましたため、お客様には大変ご不快なこととは存じますが、何卒ご容赦いただけますようお願い申しあげます。」
ということで、この告知方法は変えないつもりらしいです。
そんな不快な方法で強制的に表示された告知ページを見たいなんて、思えません。

こういう表示のやり口って、こちらがDNSサーバーに送ったリクエストに対して、DNSサーバ側が意図的に別の応答をしてきてるってことでしょ?
詳しいことはわかりませんが、これって、DNSサーバーとしてやってはいけないことだと思う。

今日は、ブログ更新のために投稿画面にしたり、「送信ボタン」を押したりしたら、告知ページが表示されるのではなく、そもそもページが表示できない、つまりエラーになった。
どうやらSSLを使ったサイトにアクセスするとそうなるらしい。
せっかく、記事書いて、写真貼ったのに、その内容がパアですよ。パア。
もし、株式の売買とかをしている人が、こんなことされたら大損害につながる可能性もあるよね。

そんなこんなで、再度記事を投稿する気が失せてしまったので、かわりに愚痴った次第です。

こういう場で実名を出すのはルール違反?
だとしたら、ご指摘ください。
あえてDTIの実名を出したのは、本当に不愉快だからでした。
[PR]
by no_identity | 2009-12-25 03:48 | その他
<< 小春日和の熱海。#5 小春日和の熱海。#4 >>