タグ:京都 ( 28 ) タグの人気記事

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#9

b0112584_0374212.jpg
旅の最後は、ここから。
b0112584_0375487.jpg
b0112584_038157.jpg
インクラインを少々歩いて。
b0112584_0382656.jpg
あぁ、でっかい。
いったい何なんだ、てくらい、でっかい。
b0112584_0391367.jpg
少しさがってみるが、やっぱ、でっかい。
b0112584_0392671.jpg
もっとさがって、ようやく全景が見え・・・ない。
とにかく、でっかい。
で、気がついたのですが、ここ以前来ていた。
高校の時の修学旅行で。
自由行動の後の集合場所だった。
でっかい所だったという記憶しかなかったけど、
ここだったのね。
b0112584_040166.jpg
南禅寺の三門。
腰かけではないけど、ほど良い高さなので、つい座りたくなりますね。
b0112584_0401871.jpg
あ、女の子がポツンと。
b0112584_0404069.jpg
法堂もやっぱり、でかい。
b0112584_0405722.jpg
b0112584_041830.jpg
何から何まで、でっかいぞ南禅寺。
b0112584_0412317.jpg
b0112584_0413935.jpg
b0112584_0415780.jpg
レンガ造りの水路閣。
世界史の資料集で見た、古代ローマの水路を思わせます。
てか、模してるのかな?
b0112584_0423626.jpg
「ここ、ドラマのアレだよね」なんて会話を聞きつつ。
何のドラマかわかりませんが。
b0112584_0424929.jpg
紅葉の季節も、味わいがありそうですね。
b0112584_043512.jpg
さて、そんな水路閣を背景にポーズをとるオネエサン。
諸事情により、顔はヒ・ミ・ツ。
コンデジ乗せた三脚で自分撮りです。
キュルピンなポーズで何枚も。
体格でお気づきかもしれませんが、このオネエサン
オニイサンでした。
b0112584_0432441.jpg
こちらは、本物のオネエサンとオニイサン。
着物を着なれている様子でした。

この後、京都駅に戻り新幹線の指定席を買おうとしたら、空席があるのは2時間後。
しかたないので、鴨川の河川敷までいって小一時間
ボーっと黄昏ておきました。

そんなこんなの京都ひとり旅。
一泊二日、最初からきちんと計画していたのは鞍馬と貴船と源光庵だけ。
あとは、一日目の夜に居酒屋で地酒を飲みつつ
あ、ここにしよっと、って感じで思いついた場所でした。

****

シリーズ最初のエントリーで「六根清浄の旅」なんて書いたのですが。
実際のところ、今回の旅の目的は、ふたつ。
ひとり旅をしてみよう。
そして、
パワースポットをまわって気分をすっきりさせよう。
ということにあったのです。
なんか、最近いろいろかみ合わないことが多くて、
どうもすっきりしない気分だったから。

で、ほんとにすっきりしました。
いつもだったら、重い荷物持って歩きまわると
すぐに頭痛や腰痛に悩まされていたのですが、それもゼロ。
さんざん歩きまわったのに、疲労感もゼロ。
帰ってからも、気分爽快な日々が続いたりして。
相変わらずかみ合わなくて、うへ~な思いをすることが多いのですが、
ちょっとだけ気持ちに余裕ができました。
良い気分転換になったみたいです。

これにて、京都だらだら旅・・・、いや、京都ひとり旅も終わりです。
そのうちまた、いろいろたまってきたら、どっか行こうかと思うのでありました。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)(8.~10.13.~18)
AF Nikkor 50mm 1.8D(1.~7.11.12)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 南禅寺

[PR]
by no_identity | 2009-10-08 00:58 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#8

b0112584_029272.jpg
パワースポットめぐりと言うからには、ここも訪れなくてはね。
b0112584_0305065.jpg
b0112584_031746.jpg
この日は、お祭りだそうで。
b0112584_0312141.jpg
ずらりと屋台が並んでいました。
b0112584_03134100.jpg
b0112584_0325087.jpg
晴明神社。
陰陽師として知られる安倍晴明さんをおまつりしているのです。
b0112584_0314732.jpg
晴明井。
晴明さんの念力により湧き出たとか。
水の出るところが、その年の恵方に向けてあるそうです。
一口飲んでみましたが、
よくわかりません。
b0112584_032565.jpg
ここでは、並ばずにお参りできました。
b0112584_0321598.jpg
厄除けの桃は、みんなが触るので、テカテカ。
私もちょっとだけ、タッチしておきました。
べったり触ると、むしろいろんな厄がくっついてきそうだったので。
b0112584_033115.jpg
b0112584_0331220.jpg
御神木は、楠。
手を当てると、ほんのり温かく、じわーんと何かを感じます。
そんな気がします。
b0112584_0333083.jpg
b0112584_0334172.jpg
晴明神社の社紋である星型は、陰陽道では魔除けのカタチ。
桔梗の花のカタチであることから、桔梗印とも呼ばれているそうな。

ところで今回、この場所で
さすがパワースポット!と思っちゃった出来事がありました。
それは、ね・・・。
b0112584_034276.jpg
ちょうどこの位置でシャッターを押したら、
ガツっという感触とともにカメラが動作しなくなったんですぅ。
すっげぇ怖かった(涙)
思いきり焦った(汗)
バッテリー交換してみたり、レンズ付け直してみたり、
祈ってみたり(嘘)。
しばらくテンパってたら復活したけど、
やっべぇ~何か来ちゃったか?と本気でビビった。
あ、北野天満宮に行く時カメラを落下させちゃったことは
気づかないフリね^^;

厄除けのため、お守り買いました。

次回で、京都のひとり旅も終わりとなります。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)(2.3.4.5.7.8.9.10.11.14)
AF Nikkor 50mm 1.8D(1.6.12.13)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 晴明神社

[PR]
by no_identity | 2009-10-07 00:47 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#7

b0112584_22373847.jpg
バスを乗り継いで(乗り間違えて)来たのは、こちらの神社であります。
ちなみに、バスを乗り間違えても、問題無し。
「一日乗車券カード」を使っていますので。
あの、思うんですけど、「券」と「カード」って同じ意味じゃない?
b0112584_2240791.jpg
それは、それとして。
b0112584_22403372.jpg
いたるところに牛さんがいて。
みなさん、アタマをナデナデするわけです。
すると、頭が良くなるわけです。
b0112584_22405550.jpg
b0112584_2241999.jpg
b0112584_22413067.jpg
あ、ここにも。
b0112584_22414164.jpg
b0112584_2241536.jpg
あ、ここにも。
b0112584_2252846.jpg
で、ここは。
北野天満宮です。
b0112584_2242177.jpg
行列です。
もちろん、自分も並んでお参りします。
いちおう教育関係者なので、ウチの生徒たちが
マトモに、いや、頭が良くなりますように。
b0112584_22423766.jpg
並びながら、気になるのです。
あの辺りが。
b0112584_22425473.jpg
えっと、この辺りです。
ガランガランて鳴らす大きな鈴と
その後ろの鏡。
ピンポイントで、何やら気になったのです。
ピンポイントで、いい雰囲気を醸し出しているのです。
そんな気がしただけ。
b0112584_2243189.jpg
気になったといえば、こちらも。
絵馬所。
b0112584_2244769.jpg
でっかい絵馬とかがたくさん奉納されているんですけどね。
喫煙所になっているのですが、
こちらは、あまり長居したくなかったのでした。
つまり、そういう意味で気になった。
そんな気になっただけ。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)(4.5.9.10.11.13)
AF Nikkor 50mm 1.8D(1.2.3.6.7.8.12.14)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 北野天満宮

[PR]
by no_identity | 2009-10-04 22:53 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#6

b0112584_0191041.jpg
光悦寺。
b0112584_1302383.jpg
江戸時代初期の書家、そして芸術家である本阿弥光悦は、徳川家康からこの地を与えられたのです。
彼の死後、その屋敷を寺としたのが、光悦寺だとか。
b0112584_003529.jpg
b0112584_005113.jpg
色づき始めた庭園を光悦さんものんびり眺めているのでしょうか。
b0112584_011832.jpg
b0112584_013034.jpg
b0112584_014422.jpg
b0112584_015411.jpg
b0112584_02295.jpg
参道が紅葉のトンネルになるまでは、もう少し時間が必要そうです。

b0112584_022270.jpg
さて、次の場所へ向かうためバス停まで歩きます。
b0112584_023426.jpg
どのバスに乗れば目的地へ行けるのかよくわかりませんが、
とりあえず大きい通りに出れば、なんとかなるかな。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)(1.2.3)
AF Nikkor 50mm 1.8D(4.5.6.7.9.10.11)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 光悦寺

[PR]
by no_identity | 2009-10-04 00:28 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#5

b0112584_22333863.jpg
源光庵。
b0112584_2233507.jpg
朝一番で訪れると、人も少なくて静か。
b0112584_22345275.jpg
お香のかおりに、気持も落ち着きます。
b0112584_22351246.jpg
迷いの窓に、
b0112584_2235233.jpg
悟りの窓。
はしっこが、ちょっと欠けて日蝕みたいになってるのは、ご愛嬌。
悟りの境地には程遠い証拠です。
b0112584_22353962.jpg
達磨さんも眺める窓の外。
b0112584_22355046.jpg
紅葉には、ちと早すぎたようですね。
b0112584_2236643.jpg
b0112584_2236179.jpg
お庭に出てみれば。
季節の花もちらほらと。
b0112584_22362642.jpg
おや、こんなところにも秋が。
b0112584_22392829.jpg
鷹峯の朝は、とても穏やかでした。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)(2.3.8.)
AF Nikkor 50mm 1.8D(1.4.5.6.7.9.10.11)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 源光庵

[PR]
by no_identity | 2009-10-01 22:50 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#4

b0112584_21361126.jpg
貴船神社であります。
縁結びの神様です。
今年の春、ここがパワースポットであることを知らずに訪れ、
「あぁ、ここは、もう一度来ることになるかも」と思っていたのですが、
本当に来ました。
b0112584_21365052.jpg
b0112584_213756.jpg
本宮へと向かう階段を上りながら、うすうす気づいていたのですが。
b0112584_21372210.jpg
参拝者の長い行列。
私も並んで、お参りをしました。
けっこう、本気で。
b0112584_214427.jpg
みなさん、お参りをしたあとに水占みくじというのを購入していました。
おみくじを御神水につけると運勢が浮かび上がってくる。
ここは水の神様でもあるのです。
b0112584_21441995.jpg
御神木は桂の木。
手を触れ大地のパワーをもらいます。
もらったような気になっておきます。
b0112584_21444999.jpg
b0112584_2145798.jpg
けっこうなお値段のする川床のお店は、どこも店先がシャレています。
貴船川ぞいをぶらぶら歩いて中宮の結社へ。
b0112584_21453265.jpg
こちらにも行列。
b0112584_21455037.jpg
女性グループでのお参りが多いようで。
縁結びの神様ですから、良いご縁があるようにというこでしょう。
で、ふと思ったのですが。
ごく稀に男性もお参りに来ています。私みたいに。
だったらさぁ、お参りに来た男女がくっついちゃえば、てっとり早いんじゃないかと。
まあ、自分が女性だったら「それは勘弁」と思うかもね。
b0112584_2146933.jpg
お社の裏手には、桂の木。
前回来た時は、ものすごいエネルギーを感じたのですが。
今回は、それほどでもありませんでした。
あの時は若葉の萌える季節で、木もエネルギーに満ちていたんでしょうね。
あ、なんか久しぶりに「萌え」と言う言葉を正しい用法で使った気がする。
とりあえず、手を触れ大地のパワーをもらいます。
もらったような気になっておきます。
b0112584_21463092.jpg
別角度から。モノクロに変換してみました。
b0112584_21471336.jpg
ここで、面白い現象が撮れました。
写真を撮っている女性の額から、エネルギーが元気玉となって照射されています。
よっぽど強い思いがあったのでしょうか。
さすが、パワースポットです。奇跡です。
んな、ワケなくて。
たまたま、私がシャッター切ったタイミングで、
あちらのオネエサンもシャッター切ったんですね。フラッシュ焚いて。
むしろ、このシンクロのほうが、奇跡に近いと思う。
運命だと思う。思っただけ、だけど。
b0112584_21473498.jpg
続いて、相生の杉。
こういうアングルで撮るために、ちゃんとアングルファインダーを用意して来たわけです。
ここでも、手を触れ大地のパワーをもらいます。
もらったような気になっておきます。
b0112584_21481726.jpg
森へと続く小道に行ってみたくなったり。
あ、ここは「古事の森」。
どうやら神社仏閣等の歴史的木造建造物を修復するための
木材を育てている森らしいです。
b0112584_214849.jpg
河原でせせらぎを楽しんだりしながら。
さて、奥の宮。
b0112584_21511590.jpg
門をくぐったところで、お姉さんがシンクロでのけぞっていました。
おぉっ!ってビックリしていた、わけではなく。
b0112584_21513297.jpg
携帯で撮っていたのは、このお社。
b0112584_21515761.jpg
奥の宮は、かなり古い佇まい。新しいお社を建築中のようです。
春に訪れた時も、そんなことを書いていた気がします。

b0112584_21524122.jpg
そうそう、途中の道で沢ガニさんと出会いました。
クルマに轢かれたらかわいそうと思い、手でチョイチョイと河原の方に追いやろうとしたのですが。
指、はさまれた(><)
マンガだったら、イッタァーとかいって、指をはさまれたまま手をぶんぶん振りまわすところですけど、
そんなことはしない。
キツネリスに噛まれたナ○シカのように冷静に
「ほらね、怖くない」「おびえていただけなんだよね」って。
嘘。痛かった。
けど、大勢の人の目を気にして平気なフリしてただけ。

京都、ひとり旅は、ダラダラまだまだ続きます。
パワースポットめぐりも。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)
AF Nikkor 50mm 1.8D(8.15.16.20)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 貴船神社

[PR]
by no_identity | 2009-09-29 22:09 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#3

b0112584_2252036.jpg
山道を奥の院魔王殿へと向かいます。
b0112584_22524532.jpg
大杉権現。
この一帯は、瞑想道場だそうです。
b0112584_22593231.jpg
b0112584_22531273.jpg
木漏れ日がほど良くて。
b0112584_22533077.jpg
ここまで幼稚園生が来てるんですねぇ。
小さな子どもにとって、山道のデコボコはものすごい段差に感じられるんだろうなぁ。
b0112584_22534319.jpg
僧正ガ谷不動堂。
ここもパワーの感じられる場所のようであります。
入山する際にもらったパンフレットに、このあたりは「森厳の気が満ちる」とあります。
足元の星型の模様(六芒星)の中心に立ってパワーをもらったりして。
あの・・・、思うんですけど。
パワースポットって、あるとは思うんです。
でも、それってこういう山奥とか神社とか、そういう場所じゃなくてもいいわけで。
自分にとって心地よい場所であれば、
そこが自分にとっての癒しのパワースポットなんだと思う。
たとえば、キミの隣とか。
まあ、その「キミ」いたら、ひとり旅はしていないと思うけどね^^;
b0112584_22541759.jpg
木の根道。
岩盤が固くて地中に根が張れないそうです。
b0112584_22543730.jpg
できるだけ、木の根を踏まないように歩こうと思うのですが、
これだけ根が這っていると、そうもいかないのです。
b0112584_22545478.jpg
ついに来ました、奥の院魔王殿。
これまたパンフレットによりますと、
「650万年前、金星より地球の霊王として」
「地上の創造と破壊を司る護法魔王尊」が降りて来たそうです。

あ、本殿には尊天がまつられているそうで。
尊天とは「宇宙の大霊であり大光明、大活動体」で
「宇宙生命・大活動体」だそうです。
「千手観世音菩薩」「毘沙門天」「護法魔王尊」の三身を一体としたものだそうです。
パンフレットに、そう書いてあります。
これねぇ、私が知り合いの前で言い出したら、みんなどっかいっちゃうだろうなぁ。
あ~ぁなんか怪しげなこと言いだしちゃったよぉ、てな感じで。
b0112584_2334562.jpg
b0112584_2335631.jpg
b0112584_234464.jpg
このお山には不思議なネジレかたをした木がたくさんあります。
やっぱ「気」が渦巻いているからなんでしょうか。
いや、これはダジャレとかではなく。

さて、ここから山道を下り、貴船神社へと向かいます。
時刻は午後1時過ぎ。お腹が、ものすごく減っています。

そういえば、鞍馬といえば天狗ですよね。
鞍馬駅にはデッカイ天狗の面が飾られていて、みんなそこで記念写真撮っていました。
b0112584_2311232.jpg
で、この天狗、鼻がポッキリ折れてるんですよ。
それを、細いワイヤーで吊ってある。
きっと、調子に乗りすぎてテングになったもんだから、鼻折られちゃったのね。とか、
下で写真撮ってる人の頭に折れた鼻が、ガイ~~ン。とか、
そんなことを想像して、ひとりでプププッとかしてる自分こそ、けっこう怪しげ。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)
AF Nikkor 50mm 1.8D(8枚目)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 鞍馬山

[PR]
by no_identity | 2009-09-28 00:53 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。#2

b0112584_0544882.jpg
由岐神社をあとにして、さらに参道を上ります。
このあたりは「九十九折(つづらおり)参道」と言うそうで。
うねうねと曲がりくねっています。
b0112584_05512.jpg
そうそう、うねうねと言えば、途中でヘビさんに出会いました。
ヤマカガシさんではないかと思います。
ヘビは嫌いじゃないです。自分、巳年生まれだし。
触ろうかなと思ったのですが、やめておきました。
ヤマカガシは実は毒を持っているらしいし、
さっき途中で「マムシに注意」的な看板を見たばっかりだし、
なにより、ここでイタズラして噛まれたらものすごく恥ずかしいだろうなぁと。
そうこうするうち、ヘビさんはわざわざ私の靴の上を横切って藪の中へ入っていきました。
通りすがりの女性が合掌していました。
どうせなら、そのまま足をよじ登ってきてほしかったです。
そうしたら、私が拝まれていたりして。
むしろ、みんな避けて通るか。
b0112584_0553335.jpg
b0112584_055469.jpg
さて、鞍馬寺の本殿金堂です。
ここに強いパワーを感じられる場所があると言われているのです。
b0112584_056537.jpg
本殿前の、三角形の石が埋め込まれている所。
ここでパワーを浴びてから本殿にお参りするわけです。
b0112584_0562918.jpg
b0112584_0564082.jpg
この日は参拝者が長蛇の列。
おお、さっきのヘビさんはこれを予感させるものだったのか。
いや、違うか。違うな。
もちろん私も列に加わりました。
並んでいるときに小耳にはさんだ話しでは、
お笑い系のタレントさんが何かのテレビ番組でこの場所を紹介したそうで。
もちろん、参拝をするのにパワーを浴びてからというキマリがあるわけではなく。
お寺の方が長~い行列にむかってその旨を告げると
列が3分の1に。
それでも、またすぐに長い行列ができる。
以下、繰り返し。
b0112584_058634.jpg
振り返れば清々しい空が広がって。
写真に二つ、大小の丸いものが写りこんでいますねぇ。
さすがパワースポット!
ゴーストが写った!
レンズの。
そう言っちゃうと夢がないというか、なんというか。
できれば、何か本当にすごいモノが写っていてほしかったなぁ。
パワースポットのことを小馬鹿にしたような書き方をしちゃっていますが、
けっこう好きというか、あるかもと思っているので。
b0112584_0583049.jpg
まだまだ暑いのですが、着実に秋はやって来ているようですね。
b0112584_0593013.jpg
いよいよ奥の院をめざし、さらに貴船へと抜けます。
先は長いです。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 鞍馬山

[PR]
by no_identity | 2009-09-27 01:23 |

京都ひとり旅。ところにより、パワースポットめぐり。

b0112584_2201780.jpg
さて、ひとり旅の最初の目的地は、どこかと言いますと。
天狗さんのいる鞍馬山です。
春の連休で来たばっかりなんですけどね。
b0112584_2212931.jpg
今回は、ここがパワースポットであることをはっきり意識しながら。
なにしろ、六根清浄の旅なので。
たった今、そういうことにしました。意味不明ですが。
b0112584_2215875.jpg
かなり暑かったこの日。
ああ、また長い山道を登るのかと思うとそれだけで汗がダラダラです。
ちなみに。
鞍馬山の写真もダラダラ続くと思いますので覚悟しておいてください。
b0112584_2223024.jpg
それはそうと。
すこし脇道を行きますと、小ぶりな祠があり
横の石段を上ると・・・
b0112584_2224824.jpg
若い女の子たちがピースで写メ撮っています。
ではなくて、魔王の碑があります。
b0112584_223716.jpg
崖上の祠のところから滝が流れ落ち、足元の池のほとりでは・・・
b0112584_2234939.jpg
龍のガチョーンが見られます。
六根清浄の旅とか言いつつ、こんなふざけた感じでいいんでしょうか。
b0112584_224271.jpg
b0112584_2242116.jpg
由岐神社。
b0112584_224456.jpg
大杉。根もとには大杉社という小さな祠があります。
大杉に触れ、大地のパワーをもらいます。
もらったような気になっておきます。
b0112584_225117.jpg
階段を上りきれば本殿。
b0112584_2253299.jpg
b0112584_2254252.jpg
b0112584_2255283.jpg
のんびり写真を撮ったりお参りしたりして、ふと気がつくと
いつのまにか参拝をする人が列をなしていました。
これから本殿金堂に向かうワケですが、ちょっと休憩です。

****

Nikon F80S
TAMRON SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical(A05)
フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 鞍馬山

[PR]
by no_identity | 2009-09-26 02:33 |

貴船は、悪い気のしない場所だった。

b0112584_2214355.jpg
あ、京都の旅の続きです。
貴船神社。
b0112584_22223.jpg
b0112584_2223453.jpg
b0112584_2224649.jpg
縁結びの神様だそうで。
いちおう、お参りしたのです。
b0112584_2225891.jpg
b0112584_2231385.jpg
しかしなぁ、よそ様が書いた絵馬をネタにしたり、
お参りをしているカップルを見ながら、
あの二人は、お互いに心の中で「もっといい縁がありますように」とかお願いしてたりして
とかアホなことを考えたりしている私。
これじゃ、神様もご利益をくださらないかもね。
b0112584_2235482.jpg
奥の院へと向かう途中にある結社の裏手、桂の木。
じつは、結社の周囲は、雰囲気的に枯れているというか放置されているというか、
「粗」な感じだったんです。
ところが、この木に触れたとたん、ものすごいエネルギーを感じた。
b0112584_224893.jpg
さらに、奥の院の手前、相生(あいおい)の杉。
こちらにも触れてみましたが、やはりエネルギーを感じた。
b0112584_2242544.jpg
そして、奥の院。
こちらは、またまた不思議なことに「粗」な感じ。
何かがスコーンと抜けている。
境内で工事をしているからかなぁ。
などと、途中からパワースポットめぐりのようになってしまいました^^;
b0112584_2244420.jpg
b0112584_2245618.jpg
貴船口駅へと向かう帰り道。
貴船川沿いの道を歩いている時は、すっかり周囲の「気」を感じながら歩いたりして。
全体的に濃密な気配を感じたのですが、
おもしろいことに途中で、ふっとその気配が途切れる場所もあったりして。
あぁ、ここは、もう一度来ることになるかも、
なんて思ったのでした。

って、後で思いついてちょっと調べたら、
この辺りってパワースポットとしても有名だったようですねぇ。

****

5.~8.11.RICOH GX200
1.~4.9.10.Leica ⅢC,Jupiter-12,フジ SUPERIA PREMIUM 400

****

京都 貴船神社

[PR]
by no_identity | 2009-05-16 02:37 |