Zorki-1 + Jupiter-12 + ターレットファインダー

b0112584_22142866.jpg
Zorkiとは、かのバルナックライカをコピーした、レンジファインダーカメラ。
Jupiter-12とは、かのツァイスのBiogonをコピーした、35mmレンズ。
ターレットファインダーも、そのツァイスのものをコピーしたとされています。

いずれも、旧ソ連製。
いわゆるロシアカメラとかロシアレンズとか言われているもので、
うっかり手を出してしまうと、
あるいは、うっかり足の上に落としてしまうと
思いきり怪我するぜ。
という、そのスジ(ってどのスジ?)では恐れられているシロモノです。

安く購入して、高い修理代をつぎ込む。
なんだか、タチの悪い飲み屋にでもひっかかったような気分にさせてくれるカメラ。
それでも、たま~に、なんだか素敵な写りをするんだよねぇ、
などと自分に言い訳してズルズルと深みにはまってしまう、魔性のオンナ。
じゃなくて、カメラ。

今回は、そんなロシア物のレンズに手を出したのです。
35mm/f2.8。
なぜ、35mmなのかというと、
被写界深度を生かし、ピント合わせを気にせずスナップしたいから。

b0112584_22144983.jpg
そして何より、このレンズのオ・シ・リ。
特大の後玉がむき出し。
うっかり触ってしまいそうな、傷つけてしまいそうな。
その危うさに惚れてしまったのでした。

ということでJupiter-12の試写から。
b0112584_221549.jpg
じつは、この時に、Zorki-1もご一緒していたんです。
まだ、35mmレンズに対応したターレットファインダーが手元になかったので、
適当なアングルで撮ってみました。

b0112584_2215239.jpg
そもそもツァイスのBiogonがどんなレンズか知らないし。
写りの良し悪しとかよくわからないし。
階調がどうのこうのとか言えるワケないし。

b0112584_22153660.jpg
でも、快調に撮影を楽しめそうだから、それで充分。

****

Zorki-1
Jupiter-12
フジ NEOPAN400 PRESTO
自家現像

****

横浜

[PR]
by no_identity | 2008-10-21 22:28 | Zorki-1
<< 人面グモ。 あいかわらず、すすき。 >>