いったい誰が猫を捨てたのか!

ちょっと、痛々しい写真でごめんなさい。

b0112584_20473595.jpg
その猫は、肋骨が浮き出るほど痩せていました。目の周りは、目ヤニでベトベト。
右目はやや白濁し、腫れているようでした。

b0112584_20474787.jpg
皮膚病でしょうか、背中の肩甲骨あたりの毛が抜け落ちていました。
近づくと足元にすりよってきました。
のろのろ、と。

b0112584_2048258.jpg
撮影していると、近所の方が出てきました。どうやら、数日前に捨てられたらしいのです。
猫がお好きでしたら、飼ってもらえませんか?家の前に居ついてしまって困っています。
ウチには猫アレルギーがいて・・・。

b0112584_20481748.jpg
残念ながら、私には飼うことができません。アパート暮らしだし。
安易に連れて帰っても、世話をし続ける責任能力も自信もありません。

ふだんだったら、野ネコに出会っても、ちょこっと相手してもらってバイバイ、なのですが。
なんだか、そのまま立ち去ることができなくなって。
とりあえず、友人に電話をして猫を保護してくれそうなボランティア団体を検索してもらいました。
しかし、その団体も手いっぱいで保護する余裕がないとのこと。

b0112584_20484168.jpg
電話をしている間も、猫は私の足元に座りこんでいます。
食べ物をねだるでもなく、おとなしく座っています。
誰かのそばにいて安心したいのでしょうね、きっと。

しばらく頭をなでてやりながら、さて、どうしたものかと思案したのですが。
私がしてあげられることは、その場を立ち去ることだけでした。
ふり返らず、できるだけ足早に。

ごめん。
助けてもらえるかもって、期待させちゃったよね。

b0112584_2049098.jpg
病気になったから、捨てられちゃったのかな。
ちょっと尻尾が曲がってるけど、そこそこ可愛い顔だちしてるのに。
元気な時は、それこそ猫っ可愛がりしておいて、手におえなくなったらポイ、か。
さんざん人間に飼い慣らされた猫は、そう簡単には自力で生きていけないものだと思う。

b0112584_20492399.jpg
家猫だったら、なおさら。
いきなり、どこだかわからない屋外に置き去りにされたら、不安だろうなぁ。
さみしいだろうなぁ。人恋しいだろうなぁ。
誰かにすがりたくなるだろうなぁ。

b0112584_20493855.jpg
よだれをたらしながらもお行儀よく座っている姿からは、
なんだか育ちの良さが感じされられます。

何もできないので、せめてこのコの写真を載せることにしました。
無事に生きのびてほしいと願いつつ。

b0112584_20541933.jpg
最後まで責任持って飼えないんなら、最初っから飼うなよ。

[PR]
by no_identity | 2008-09-23 21:10 | その他
<< ニャン生いろいろ。 思いがけず自分さがし。 >>